となくま日記(ブログ)

なかなかいいでしょ?

今年のゼミTシャツのデザインが決まりました。

今年は3年ぶりに短大の体育大会が開催されるということもあり、
みんなで気合いを入れてデザイン案を考えました!

今年のテーマは、「強そうだけど、かわいらしくもあるクマ」ということで
熊田が大好きな北海道の木彫りの熊をイメージしたデザインに仕上がりました。

1年生と2年生の共同作業で完成したデザイン、納品が楽しみです!

Tシャツだけでなく、いろいろなところで使用したくなる愛らしいデザインです!

2022年10月02日

駆け抜ける夏

6月、実習訪問でオホーツクへ。

7月、2週続けて土日集中講義で札幌へ。
そして、仏教保育全国大会分科会の講師で再び札幌へ。

8月、甥っ子、姪っ子が本州から遊びに来る中、
全国障害者問題研究会の全国大会(オンライン)分科会で
実践レポートへコメントさせていただきました。
そして、まもなく全国保育士養成セミナーの北海道大会(オンライン)です。

執筆原稿も複数抱えており、気づいたら年末を迎えていそうな予感。

 

息をつく間もありませんが、
様々な方の声を聞くことで元気をいただきながら、一歩ずつ。。。

 

皆さま、残暑お見舞い申し上げます。
北海道から癒しの写真を。

 

2022年08月07日

ゼミだよりをお楽しみに!

2年生がゼミだより第22号を完成させました。

今回はなんと「別冊となりのくまさん。」として、
卒業生へのインタビュー記事が同封されています。

インタビューを記事にするって実はとても難しい作業なのですよね。
文字起こしもあるし、読み原稿への直しもあるし、
レイアウトも考えなくちゃいけないし。。。

でも、2年生、本当によく頑張りました。
うまくいかないこともありましたが、みんなで一度本音をぶつけ合いました。
そして、確実に強いつながりで結ばれた集団になりました。

インタビューを実践してみることで、「聞く」あるいは「聴く」技術を学べることが
今回よくわかりました。これは療育でもとても大切なことです。
もちろん、技術だけでなくハートの部分も。

自分がしゃべるのではなく、いかに相手に気持ちよく話してもらえるかを考えること。
それは、目の前の人間へ純粋に興味を持ちながら、リスペクトすることにつながります。

2年生、本実習前の忙しい時期に大変だった思いますが、
いい学びができましたね!

新しくなったゼミだより「となりのくまさん。」にご期待ください!

ゼミだよりを郵送ご希望の方はこちらからどうぞ!!

2022年06月26日

こんな写真が撮れます!

いつもお世話になっているコドモリくらすの佐野先生が今年も実習指導に
来てくださいました。私も学生と一緒に外をお散歩しました。

佐野先生にお借りした100均グッズでこんな素敵な写真が撮れました。
スマホやタブレットにクリップのように取り付けるだけのマクロレンズ。
おもしろくて夢中になってしましました!

こんなグッズがあるだけで、森歩きが楽しくなりそうです!!

2022年05月23日

備忘録

全障研旭川サークルの学習会、2回目が終了しました。

今回も道内だけでなく道外から参加してくださった方もおり、
たくさんの学びに恵まれた時間となりました。

いつも参加者の方々から宿題をいただくような、そんな貴重な時間となっています。

・発達相談で「遊んでいるだけ」に見えるかもしれない。
例えばそのように見ている保護者や学校の先生などと、どのように
眼差しを共有していくのか?

・何が正しいかではなく、互いの実践を共有し眼差しを確かめ合う。
では、結局それぞれのやり方ということで、バラバラでよいのか?

いただいた宿題の一部です。備忘録として。

2022年02月17日
» 続きを読む